ローヤルゼリーに秘められた健康促進効果。

色々な健康食品がありますが、その中でも長年愛され続けているのがローヤルゼリーです。ローヤルゼリーとはミツバチが集めてきた花粉を、体内で分解した生成物の事を言い、乳白色をしている事から王乳とも言われています。ミツバチから得られるものというと、はちみつのイメージが強いようですが、このローヤルゼリーははちみつとは違い、女王バチのみが食する事のできる特別食であり、非常に栄養価が高い事から健康に良い食品と言われているのです。具体的にローヤルゼリーには、どのような成分が配合されているのかというと、アミノ酸やビタミン類、ミネラル類などの栄養素がバランスよく含まれているとされています。バリンやロイシンといったアミノ酸は、体内のタンパク質を作り出すのに欠かせないアミノ酸で、このアミノ酸が不足してしまうと健康な皮膚や髪、軟骨などを作り出す事はできません。またローヤルゼリーにはビタミンB群やビオチンなどのミネラル類、そしてカルシウムやマグネシウムといったミネラル類も豊富に含まれているのが特長です。アミノ酸にビタミン類、ミネラル類は体の機能を整える為に欠かせない成分ですので、ローヤルゼリーには疲労回復や免疫力のアップ、滋養強壮の効果がある言われています。このように体の調子を整える効果に優れているローヤルゼリーですが、特に女性の健康を維持する為にお勧めの成分が含まれているのを、ご存じでしょうか。ローヤルゼリーには、デセン酸と言われる成分が含まれています。このデセン酸はローヤルゼリーにのみ含まれている成分で、ホルモンの分泌を整える効果が期待できると言われています。女性は年齢を重ねると、女性ホルモンの分泌量が低下してしまいやすくなります。女性ホルモンが低下すると更年期障害や、自律神経のバランスが崩れてしまい、気分がう安定になったり疲れやすくなるといった、症状が現れてきてしまうのです。ホルモンバランスを整える効果のあるローヤルゼリーは、更年期を迎えた女性に特にお勧めと言えるでしょう。

Comments are closed.